何だか妙にテンションの高いプルート。
テーブルの端から端を駆け抜けていました。

どうやらこのポーズがお気に入りのご様子。