« タピオカタイム | トップページ | どら焼きタワー »

2019年4月25日 (木)

缶詰の研究

猫缶ではなく、人間の缶詰の話。

このまま置いておいたら、猫も食べたくなっちゃうかもしれないよね。

あげないけど。

でも猫缶ってついついあげたくなっちゃうんだよね。何だろうなぁ。


Img_20190423_213332 

いわしなんて、猫大好きだよ!
いつもは蒲焼きだったのですが、塩焼きもあったのね。
塩焼きだと素材の味がありありとわかりました。

そしてもう一方は、これまた驚きで、からあげなんてあるの!という品。
あけてみると、缶詰仕様なのか、かなり固められていました。
味付けのバリエーションがあったのですが、こちらは若干ピリ辛で、
エビチリのような印象がありました。

 

実は社内で、他社の製品だけど、これは使えそう!?みたいなアイディアを
募集していて、これは!!という缶詰があったんです。
それは、フタがシールになっている、というもの。
これなら誰でも簡単に開けられるし、プルタブ取れのクレームも減るよね。
と思ったら、アイディア募集期間がついこの前で終わってしまいました><
次回があれば是非、出してみよう!
その頃忘れてるといけないので、ここのブログに書いてみました。
次こそはっ!!

 

ところで、猫缶とは言うけど、犬缶とは言わないよね。

犬用の缶詰め製品もあるのに。

|

« タピオカタイム | トップページ | どら焼きタワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タピオカタイム | トップページ | どら焼きタワー »