« ドーナツモンスター | トップページ | 祖父母とドライブ »

2016年9月23日 (金)

自撮り

このブログを初め、どのSNSアカウントを見ても、
私の写真はありません。
基本、顔出しNGなんで(笑)
そもそも写真を撮られることが得意じゃないので、絶対自撮りなんてしないのですが、
そんな私が少しでも、写真を撮られることに対する抵抗が少なくなるように、
コツを覚書します。

キメ顔=ステキな写真と考えないほうがいいかもしれません。
例えばあえて、顔の半分をフレームアウトさせてみると、
親しみやすくておもしろい仕上がりになるそうですよ。
さらに、写真にキレイに写るためのポイントとは…

●左右上下、どの角度がかわいく見えるかを研究する
人の顔は左右非対称なことが多いもの。
そこで、自分の顔を鏡に映して、上下左右、どこがいいか調べてみること。
鏡だとわかりにくい場合はスマホで数枚自撮りをして、判断しましょう。
自分がいちばんかわいいと思う角度を見つけたら、
その角度で写真に写る練習をすること。

●あごをひく
女性は下からあおった写真よりも、少し上から撮られる写真のほうがかわいらしく写るもの
少しあごをひいて、目がぱっちりと映るようにして、上からの角度を自ら作る。

●レフ版がわりのものを顔の真下に置く
白やベージュのテーブルは、顔を明るく見せてくれるので写真写りがよくなる。
白い紙でも代用できるので、自撮りをするときに試してみましょう。

●室内では窓辺で撮影する
自然の光は女性の肌をきれいに見せる効果がある。
窓辺に立ち、外の光に向かって逆光の角度から撮るのがおすすめ。
真上からの強い光は、顔に影を作り、クマやシワが強調されてしまうため、避けた方が無難。
また、暗すぎる室内は画質がザラザラになるため、肌が荒れてみえるので要注意です。

また、自撮り棒は、上から撮るとかわいく仕上がるうえ、あごのラインもすっきりするので、
こだわりたい人は活用するといいそうですよ。


と、ここまで書いてみて何ですが、やっぱりすすんで写真に写る気はありません。
でも、やむを得ず写真を撮る機会が無くもないので、そういう時は思い出します。

かわりに、自撮り風に撮った愛猫の写真↓
Dsc_27291 

先日、このブログのプロフィール写真もこちらに変えさせてもらいましたが。
基本的に私のSNS関連のプロフィール写真は、この画像です!

|

« ドーナツモンスター | トップページ | 祖父母とドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/64242063

この記事へのトラックバック一覧です: 自撮り:

« ドーナツモンスター | トップページ | 祖父母とドライブ »