« マロンスイーツ | トップページ | 風景写真 »

2016年9月 9日 (金)

料理写真

このブログは、料理の写真が多いと思います。
でもこれらの写真、全部スマホで撮ってます。
なぜなら、デジカメを持ってないから。
最近いろんなSNSをやっているので、
なるべく美味しそうな写真を撮りたいな~と思ってるんですけどね。
素材や機材だけじゃなく、ちょっとしたコツがあるようです。

いつも悩むのは、被写体とどう向き合うか=どこから撮るか。
大体イスに座ったまま、上から見下ろすように撮ってしまいがちです。
しかし、料理には、美しく見える角度が存在します。
スマホの画面を覗きながら、横から、斜めから、いい角度を探してみましょう。

また、料理写真を上手に撮るためには、
背景余白の3つのポイントがあるので、覚書します。

①料理をおいしく見せる半逆光
半逆光とは、被写体のななめ45度から差す光のこと。
この光があると、料理に明るい場所と影になっている場所が生まれて、
被写体に立体感が出る。
また、スマホの画面をタッチするとピントが合い、それと同時に光の調整ができるので、
シャッターを押す前に、いろんな場所を触って暗く見えない光を選ぶ。

背景に入るものが写真の雰囲気を決める
人やバッグなどが写り込んでしまうと、仕上がりがいまいちだから、注意。
また、テーブルの上のメニューや紙ナプキンも思わぬかたちでうつり込まないように気を付け、必要に応じて片付ける。
そして、壁を背景にするより、窓辺を背景にしたほうがステキな雰囲気が出るのでおすすめ。

③画面に余白を作る
被写体の魅力を伝えようと、料理を画面いっぱいのアップで撮影してしまうと、
迫力が出すぎてしまうので、必ずしも正解とは言えないそうです。
むしろ、画面に余白を作るとかわいらしく仕上がる。

あと、やわらかい写真に仕上げたいとき、撮影場所に観葉植物があったら、
迷わず入れましょう。
実は先月スマホを変えまして、イマイチまだ操作に慣れてないのです。
その新しいスマホで撮ってみたなかで、比較的上手に撮れたと思う料理写真↓
Img00127359176
画面いっぱいの写真ですが、これはあえて迫力を出したかったので、良かったかも。
インパクト狙いで、思わずインスタにもアップしちゃったくらいです。
もっと良い写真をSNSにいっぱいあげられるように、精進します!

|

« マロンスイーツ | トップページ | 風景写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/64176827

この記事へのトラックバック一覧です: 料理写真:

« マロンスイーツ | トップページ | 風景写真 »