« 洋服のシミ抜き | トップページ | 久々の料理 »

2016年7月 5日 (火)

頭皮と髪のレスキューケア

暑さがキツくなって、朝から日差しもキツくなってきました。
日焼け止めを塗ったり、日傘さしたり、紫外線対策はしているのですが、
対策が必要なのは、何も肌だけじゃないみたいです。

紫外線を浴びてしまったら、頭皮と髪をその日のうちにケアして
紫外線の影響を最小限に抑えることが大切です。

紫外線を浴びたままで放置すると、髪の表面にあるバリア機能が傷つき、
髪の内部までダメージを受けてしまうのです。
そうすると、髪のツヤやなめらかさが失われることに…。
これを避けるためにはきちんとトリートメントをすることが必要です。

トリートメントを髪の内部まで浸透させることで栄養が行き届き、
髪内部のダメージを修復することができます。
そのためにはシャンプー後にトリートメントをつけたら、
10分程度してから洗い流しましょう。

さらに効果的なのが、トリートメントをつけたあとに髪全体に蒸しタオルを巻き、
シャワーキャップやラップフィルムで覆って10分ほど時間をおく方法。
蒸気によって髪の表面にうろこ状に連なっているキューティクルが開き、
より内部までトリートメントの成分が浸透するのだそうです。
面倒なときは、蒸しタオルはなしでシャワーキャップをつけるだけでもOK。

また、日焼けで赤くなった頭皮をそのまま放っておくのもNG。
頭皮のコラーゲンなどの細胞が破壊されると、
髪を黒くする役割があるメラノサイトが働かなくなってしまい、白髪の原因になるとか。
さらに、細胞が壊れると髪の寿命が短くなり、抜けやすくなるほか、
新たに生えてくる髪が細くなることも。

肌の日焼けと同じように炎症を抑えるケアをすると、紫外線による影響を抑えることができます。
そこで有効なのが、炎症を抑える成分と保湿成分が配合された頭皮用エッセンスを
通常のシャンプーとトリートメントのあとに使うこと。
炎症を抑えつつ、紫外線によって失われた水を補給して、
破壊されてしまった頭皮の細胞を修復することにつながります。

毎朝、どんなに暑くても駅まで20分の道のりを歩いているので、
そのダメージといったら半端じゃないでしょう。
時々面倒で日傘もさし忘れたりするしね。
言われてみれば、実は密かに白髪が生えているらしく、たまに親に発見されます><
ひょっとしたら、このせいか!?

今のシャンプーはこちら。
ジュレ―ムなかなか良いですよ。
髪質的にこちらのジャスミンのものになりました。
ディズニーコラボのパッケージはうれしいな。

Dsc_59551

紫外線ケアも必要ですが、それ以前に、ずーっと放置しっぱなしの髪を切りに行かないと。

|

« 洋服のシミ抜き | トップページ | 久々の料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/63870078

この記事へのトラックバック一覧です: 頭皮と髪のレスキューケア:

« 洋服のシミ抜き | トップページ | 久々の料理 »