« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

新宿で鳩サブレー

新宿伊勢丹に限定の鳩サブレーがありました!
鳩サブレーって、ふとした時に食べたくなりません?
メジャー過ぎて自宅用に買うことってあんまりないから、
こういう特別バージョンなら買ってみようかなって。

Dsc_53441

Dsc_53431

ご覧の通り、伊勢丹のチェック柄とのコラボパッケージ。
中身は至って普通の鳩サブレーです。
でも変わらない安定の美味しさ。

伊勢丹の名菓コーナーって面白いですよね!
全国の有名お菓子が一堂に会して、マメに見に行ってますが、楽しいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

変わり種トンカツ

一風変わったトンカツを作りました。
肉の間にブルーベリージャムとクリームチーズを塗って、挟み揚げしたもの。

Dsc_53421

見た目は普通。むしろ、ちょっと焦がした;
食べてみると…これは普通のヒレカツでは?
ブルーベリージャムとクリームチーズはどこへ行った。
まれにほのかな香りがするくらいで。
チーズがもうちょっと主張しても大丈夫みたい。

ヒレカツはやっぱり美味しいね。
トンカツの中で一番好き。
急遽、100均で調達した肉たたきが大活躍だった!
これなら肉厚なヒレ肉買ってきても、柔らかジューシーなヒレカツができそう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

癒しのコンビニスイーツ

昨日は職場でシステムがダウンするという不具合がありまして、
それはもう、どこもかしこもてんやわんやでした。
おかげで15分休憩にも行きそびれる…。
腹いせに、コンビニをハシゴして、スイーツを買ってきました。

Dsc_53381

サンクスのさくら餅と、セブンの桃レアチーズ。
サンクスのさくら餅は、あんこの中にお餅が入っているという、
普通のさくら餅とは逆転の発想!(言われてみれば!)
コンビニスイーツの割に、なめらかなこしあんの美味しさは本格派です。

桃レアチーズの方は、ちょっとおしゃれな和洋折衷スイーツ。
大福の中に、レアチーズと相性バッチリの黄桃果肉が入っていてフルーティー。
こういう大福系のもちとろ食感がたまらず、大好きなのです!

今日も、昨日のシステムダウンの余波があるのかなぁ。
大きなトラブルが無く終わってほしいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

ぶっちゃけ

前々からずーっと言っていますが、「結婚したくない派」です。
理由も以前書いてるかと思いますが、私にとって結婚に価値が見いだせないから。
子どもも欲しくないし、子どもがわりの猫たちがいるので十分です。
さすがにこの年齢になってくるとさすがに、同世代は既婚者ばっかりになるし、
未婚でも少なからず結婚願望があったりするので、
私みたいなヤツは近寄らない方がいいかな、とあえて距離をとっちゃったりするのですけど。

こういうミスマッチが起こらないように(?)、逆に男性側の意思確認をする方法もあるようです。
ただ男性の意思を確認するだけならアドバルーン戦略が有効。
アドバルーン戦略は、仮定の話をすることで相手の反応を見る戦略で、
政治の世界でもよく使われています。
この戦略だと、たとえばかなり刺激的ですが、ドラマでたまに聞くようなセリフで、
「今月まだ生理が来ないの」っていうアレとか。

これまたテレビでよく聞くセリフで「私と結婚する気あるの?」っていう直球のセリフ。
これは最後通牒戦略といって、「NO」と言われることもあり得るハイリスクな方法なので、
その気がある方にはあまりお勧めできません。
「YES」を導き出したいなら、最初に大きな要求を出して最終的に本命の要求を通す
譲歩的説得法がおすすめ。
「両親に会ってくれる?」「結婚式場見に行く?」という大きな要求に相手が渋ったら、
「結婚する気はあるんだよね?」と小さな要求をする。
すると相手は「NO」と言いにくくなるものです。

ま、言わせたもん勝ちのような気がしますけどね(笑)
逆に私は明らかに婚活してる人や、結婚について理想を語られたり、
結婚について前向きなサインを察知してしまうと、どんどん引いていきます。
その方がお互いのためだしね。

そんな私の子どもといっても遜色ない猫たち。
「お兄ちゃんと弟」と言ったり「上の子と下の子」と言ったり、
まるで人間の兄弟と接しているようで、二児の母気取りです。
弟猫のトフィーは昨日、無事に去勢手術を行いました!
無事に済んで何よりです。
トフィーの診察券にも写真を撮ってもらいました!!

Dsc_53341

何だろう、この写真集になりそうな仕上がりは!←親バカ

去勢も終わってひと安心。
あとはふたりが仲良く遊んでくれればいいんだけどな~。

全く話が変わりますが、最近、駄菓子屋って少なくなったよね。
手術の間、時間潰しにショッピングセンターに行ってたのですが、
前あったはずの駄菓子屋さんがなくなってた…。
駄菓子屋さんのおもちゃで、意外と猫たちと遊べるものがあったりして、
見かけるとよく立ち寄るんですけど。

Dsc_53331

ところで、ブタメンって駄菓子なの??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

大好きな舞台

かつての同期であり友人が所属する演劇ユニットのお芝居を見てきました!
もはや3回目、ちょっとした常連です。すっかりファンなんですけどね。

Dsc_53291


「百鬼繚乱~翠帳禁開~」
@笹塚ファクトリー

こちらはシリーズもので、1回目の公演に続いての第2章。
おなじみのキャラクターもいれば、新キャラも続々登場しました!
いつものごとく、殺陣ありダンスありの、見ごたえある舞台なんですけど、
前回よりも会場が大きくなったので、より迫力がありました!!
笹塚ファクトリーといえば、小劇場劇団の登竜門のような気がします。
それでもまだまだ舞台を所狭しと、縦横無尽に動き回る姿は本当に活き活きしてました!

今回は所属してる友人だけでなく、もう一人、同期が出演するとあって、
より一層楽しめました。
実は二人とも大きな決断をしていて、私にとっても思い入れのある作品となりました。
前回と同じ役を演じた友人はもちろん、今回参加した友人も本当にハマリ役で、
私が観た中でも一生忘れることのないキャラクターとして記憶に残るでしょう。
そんな二人の姿、しっかり見届けましたよ!

Dsc_53301

ちょっとだけネタバレをすると、今回、猫又が登場するのですが、
どうにも感情移入してしまって…。
人知れず、ほろっと泣いてました^^;

そんなわけで、今日は留守番をしていた、我が家のリアル猫又たち。

Dsc_53311

Dsc_53281

キミたちは幸せなのかい?なーんて考えてみたり。
いつか必ず私より先に旅立つ時がくるけど、その時に少しでもいいから、
ウチに来て良かったなって思ってくれてたらいいな。

話は逸れましたが、こちらの作品、2/21(日)まで上演中です。
ご興味があれば是非☆
シリーズものとはいえ、2作目からでも十分楽しめますよ。
そして、圧倒的な世界観に引き込まれること間違いなし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

桜ブロッサム

今年もスタバの桜の季節がやってきたので、早速いただきました。

Dsc_53181

今年は桜風味に加えて、ストロベリーも混ざっているので、
より春らしさが増しています☆
春が待ち遠しくなっちゃいますね。
桜グッズの方は、地元のお店ではほとんど完売になってしまっているみたいで、恐るべし。
またドリンクも早いうちに終了しちゃいそうなので、早いうちに飲んでおいて良かった~。

コンビニで不思議なドリンクを見つけました。

Dsc_53191

「恋のティーグルト」。つまりは紅茶+ヨーグルト。
こちらも季節柄、甘酸っぱさを表現したのかな?
個人的には、うーん、この組み合わせはどうだろう??
紅茶にミルクとレモンのどちらも入れて混ぜたらこうなるのかな?って気がします…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

同調

conformity

同調という概念は社会的影響のなかでも限られた意味合いをもつ。
集団や他者の設定する標準ないし期待に沿って行動することであり、
これによって個人と集団の斉合性は増大する。
これは対立する他の集団成員の見解を受け入れることであり、
集団圧力のないところで個人が独立に同一刺激に対して同じ判断、行動をとることとは
区別しなければならない。
⇒非同調には「独立」と「反同調」とがある。

アッシュ
7人一組の集団に対して、視覚実験と称して三つの比較線分のなかから
先に示された標準線分と同じ長さのものを選ぶという課題を与えた。
この課題は通常、誤反応が0.7%という非常に単純なもの。
実験では7人の成員のうち6人がサクラであり故意に誤答を繰り返した。
→結果、真の被験者123名のうち誤答のないもの25%、12回中8回の誤答者は28%、
 全体として37%の誤答が発生。
★この実験は集団内少数者が多数の圧力に屈した反応と見なされ、
 同調研究を促進する大きなきっかけとなった。

その後実験方法としてはクラッチフィールド・テクニックが開発された。
被験者はそれぞれ狭いブースのなかに入れられ知覚判断を行うが、
各被験者には他の被験者の回答と称する偽りの答が伝えられた。

同調のなかにも、たんなる表面的なものから心の態度変化に至るまで
さまざまな形態がある。
・アレン:4つのカテゴリーに分類。
①公的同調・私的同意 ②公的同調・私的不同意
③公的非同調・私的不同意 ④公的非同調・私的同意
*これらは心的過程が異なり、それによって以後の行動も変わってくる。
フェスティンガー
被影響者が影響源に好意的態度をもっているとき、
私的受容を伴った同調(内面的同調)が生じやすく、
私的受容を伴わない公的同調(外面的同調)は
非同調によって罰が予想される時の回避反応として生じやすいとした。
・ケルマン:3タイプの社会的影響を仮定。
①追従(compliance)、②同一化(identification)、③内在化(internalization)
影響源が賞罰によって個人をコントロールする手段をもつとき追従が生ずる。
影響源と個人との関係が魅力的であり、満足できるものであれば、
個人は影響源の立場を採用する=同一化
影響源に信憑性がありかつ当該事象が個人の価値体系と斉合すれば内在化が起こる。
*人はつねに自分が正しくありたいということと他者から好意的に評価されたいという
 動機づけがある。
 こうしたなかで自分と異なる見解に遭遇し他者の見解に従うことになるのだが、
 ドイッチュらは、他者の判断や意見を判断事象についての参考資料として受け入れる情報的影響と、他者や集団からの期待を考慮して同調する規範的影響の二つのメカニズムがあるとした。

同調を促す集団の要因=集団凝集性が高いこと
⇒集団目標があり、集団や情報源が魅力的であり、さらに集団内一致度が高いこと。
多数派の全員一致度が崩れると同調率は大幅に低下する。
集団のサイズに関しては、サクラの数4人まではサクラの数が増えるにしたがって同調率は増大するが、それ以上になっても有意な増大はなくなる。
課題の重要性、困難度、あいまいさが増すほど同調率は高くなる。
他者との判断のずれの増大に伴い同調率は放物線型に増大する。
個人的な要因に関しては、自己の確信、自信が低下すると同調は促進される。
失敗経験のある者は同調しやすい。
また集団内における地位が中程度のものが最も同調しやすい。
⇒同調することによって得るもの、同調しないことによって失うものが大きいから。
パートナーの存在=自己に対する社会的支持があるとき、同調は大幅に減少する。

同調の特殊なものとして見直への服従がある。
さらにモスコヴィッシは、社会的影響過程の研究が同調に偏りすぎていることを批判し、
集団の変化に視点を移動して集団内少数派の影響を研究することを提案している。

***

多数派の意見に流される、いわゆる「長い物に巻かれる」メカニズムの一部です。
もちろん単に多数派の意見に押されるだけでなく、
課題の性質だとか、個人的な要因もあって、影響される/されないはあるわけで。
断固として自分の中に確固たる信念があれば、たとえ自分一人だけ意見が違ってても、
自分の意見を曲げないわけです。
当たり前のようで、改めて言われると興味深い話、それが社会心理学です。

「他者から好意的に評価されたい」というのは、できればそうあるに越したことはないけど、
「つねに自分が正しくありたい」っていうのは、そうだろうな、と思います。
日々いろんな問い合わせを受けていてひしひしと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

最強トロロごはん

大和芋でトロロを作りました!
さすがにものすごい粘り。
だし汁と薄口しょうゆで、特製合わせだしを使って、柔らかくのばしていきました。
最強なのはそれだけじゃない!

Dsc_53011

納豆と卵黄をプラス。
卵黄は卵白と分ける時にちょっとした手違いがありまして、崩れてしまいましたが…。
しかも、ご飯は隠れて見えないですが、あえての発芽玄米。
スタミナつきそうなものをこれでもか!と集めてみました。
滋養が強すぎて鼻血出たりしなければいいですけど。
でも、美味しかったよ!本当に。

さすがに最強の大和芋、おかげで手がかゆいです><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

女子の聖地

再度、新宿伊勢丹のバレンタイン催事場へ。
当日直前の最後の平日ってことで、会社帰りの女性たちでごった返してました。
しかももう佳境なので、完売商品も続出!
私の目当ての品もなかった!!

で、一通りまわる気力もなく、またしてもゴンチャロフさんに落ち着く(笑)

Dsc_52941

やっぱり、こういう見た目も楽しめるチョコのアソートも買わないとね。
そして母親とどれを食べるかもめながら食べるのです(笑)
これだけたくさん入ってても案外リーズナブルだったし。
どれも食べるのもったいないなぁ~。

この前買って飾っておいたショコラバーと一緒に食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

オーブン料理

時期的に耐熱容器がたくさん売ってまして、
しかもかなりのお手頃価格で売っていたので、
とうとう念願の、大皿の耐熱容器を買いました!!
品目は「ケーキ皿」ってなっていましたが、私が作ったのはチーズ焼き。
お気づきかもしれませんが、あんまりお菓子作らないんです…。

Dsc_52861

ゴボウと里芋と、旬のカキが入ってます。
カキはプリプリ・ジューシーで美味しかった~♪
カキから出るエキスがチーズと絡んで絶品で、
実は刻みネギも混ざっているのですが、それがまた相性が良かった!
下味がしょうゆベースで和風の味付けなんですけど、
それでもチーズとよく合うんですね~!!
これからもいろんなチーズ焼きを試してみたいです。

おかげでオーブン焼きにハマっちゃいそうだな。
焼けた時にオーブンのドアを開ける時のワクワク感がたまらない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

会話

私、実は非常に人見知りでございまして、会話もヘタなのです。
しゃべる仕事してるくせにね(笑)

仕事はおいといて、どうにかならないものか、と模索していたのですが、
大切なのは、あなたと話せて楽しいということを会話に入れながら、
笑顔でお話することだそうです。
ここだ!私の問題点は。
私、興味のあるものとないものの差が激しすぎて、
興味がないものについては、見事に反応が悪い。
ある程度親しくなって、お互いの興味が合うものがわかったりすると、
ノリノリでしゃべってたりするんですけど。
まだ慣れないうちなんか、きっと、相手からも反応悪いなぁとか思われてるんだろうな。

それを踏まえて、今度は逆に私が話す側だとしたら、
相手の反応が悪いときは、会話の種類が悪いということ。
相手が聞いてほしいことを考えて、そして聞く。
それだけのことなんですけど、あとは経験がものを言うかな。

そんな会話ベタのために、ここに心得を記しておきます。

笑顔で
ニッコリと、この人とお話しできるのが楽しい!と笑顔を作る

・自信を持つ
自分の好意を持ってくれている人とおしゃべりするのが嫌な人はいない、と自信を持つ

・悩まない
何を話そうか悩むのをやめること。
自分が何を話そうかと悩む時点で、おこがましいと思いなさい。
プロの噺家でも、自分のネタで人を笑わせるのは、難しいものですから。

話のネタは季節など無難な質問でOKなので、
相手の反応を見て、饒舌になる話題を見つけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

ご褒美バレンタイン

伊勢丹のバレンタイン催事場に行ってきました!
ここは毎年すごい混雑!!
今年もすごい人だったので、入り口付近の数店見ただけでギブアップ(笑)
でもカワイイのがあったんですよ!

Dsc_52661

ゴンチャロフさんのショコラバー、「デコレモア」
見てるだけでカワイイ!!
食べるのもったいないので、しばらく飾ってから食べようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »