« 大人の味 | トップページ | 秋ごはん »

2015年9月15日 (火)

自分ブランド

洋服や小物などで自分らしさを表現するのに、
究極は手作りだと思います。
ただ、ちゃんとした作品を作ろうとすると、時間もお金も労力もかかり、
ハードルが高くなってしまう…。
それでも、空いた時間にちょこっと手を動かすだけで仕上げられるような手作りなら、
誰でもすぐに取り組める。

そんなちょっぴり手作りの目安は、
半日でできることと、テーブルの上でできること。
短時間で狭い空間でできる小物ならすぐに完成するので、
達成感が得られるし、準備や片付けに手間取ることもない。

おすすめはリメイク。
例えばファストファッションのお店で売っているようなお手頃価格のシンプルな服に、
手持ちのボタンやビーズ、布を足すだけでもオリジナルの一着になる。
シンプルな服なら、ボタンを付け替えるだけでも印象が変わりますもんね。

古い枕カバーやハンカチをエコバッグに変身させるのもおすすめ。
シーツはカットして大きめの風呂敷にリメイクすると、
衣服の整理や部屋にあるガラクタの目隠しなどにも使える。

あと、キルトにもお手軽な方法があるそうな。
それは、フィリピンのカオハガン島で作られる「カオハガン・キルト」の方式。
型紙を取って布を同じ大きさに切りそろえ、同じ向きに縫っていく従来のキルトとは違い、
適当に布をカットして縫い合わせればOKというアバウトさに惹かれます。

何やら、母親が昔買った生地が、どこぞで大量に余って保管されているそうなので、
もったいないので、どうにか活用できないか模索中です。
ミシン出してやると大がかりになっちゃうので、
もっと気軽にできて、良い方法ないかなぁ。

|

« 大人の味 | トップページ | 秋ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/62283480

この記事へのトラックバック一覧です: 自分ブランド:

« 大人の味 | トップページ | 秋ごはん »