« 猫と花火 | トップページ | リアル »

2015年8月25日 (火)

おけいこ事

ちょっと前までは、やりたい事があって休日はそれに費やしてました。
むしろ気持ちの上では仕事よりも優先事項なので、
生活の為の仕事との折り合いがうまくいかなかったりしたのですが、
生活が立ち行かなくなっても、夢に向かってる充実感でやっていけたのは、
やっぱり若さのせいかな。

今は諸事情により、とりあえず生活優先になりまして、
大きな夢のことは置いておくにしても、控えめにやりたいことをやらせてもらってます。
生活の為の仕事も(今も生活の為ではあるのですが)、
それなりにステップアップさせてもらえたり、自分の意見を言わせてもらったりして、
まぁまぁ働きやすい環境で、珍しく長続きしてます(笑)
そのうち余裕ができたら、また何かやれるんじゃないか!?って思ったりして。

そんな中、今までほどお金もかからず、長時間拘束されず、
生活が奪われない程度のものがあればいいな~、なんておぼろに思うのですが、
地元自治体が主催する講座とかはどうなんですかね。
いろんな種類があるし、その多くは無料か実費程度で参加できます。
有名人が講師になっているものや作品を持ち帰ることができるもの、
おみやげ付きなんていう講座も珍しくないそうで、
それが果たして私の地元でもあるのかどうかは疑問ですが(笑)
1回限りのものから常設のもの、演奏会や展覧会など、いろいろあるようです。
短期の講座だったら興味はあっても先生に習うほどではないような、
ちょっと体験してみるのにちょうどいいですよね。
そこで興味がわけば、本格的に通えばいいわけだし。

こういう講座に参加すると、結構友達ができるもので、
特に変わったテーマであるほど、今までなかなか出会えなかったような人が多く集まり、
それがきっかけで新たな交流が生まれることもあるとか。

また、受けたい講座がなければ、自分で作ってしまえ!というのもアリだそうで。
地域の集会所などを利用したり、例えば受講料を1000円と決めたなら、
その範囲で依頼できる講師を呼んだりすればOK。
場所や講師のことなど、一つ一つの手配を確実にしていけば実現できるし、
そこで味わえる充実感や達成感は大きいでしょう。
ただ、メンバーを公募する場合は、ある程度自分の情報を開示しなければいけないっていうのはお約束ですけどね。

これは私に行動力と企画力があればねぇ…。
ところで、祖母がマンションの住人さんを集めたお茶会の発起人になっていて、
いつの間にやらそれが月イチの恒例行事になってまして、感心しました!
私も地域新聞とかコミュニティ・ペーパーとか、チェックしてみよう。

|

« 猫と花火 | トップページ | リアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/62152865

この記事へのトラックバック一覧です: おけいこ事:

« 猫と花火 | トップページ | リアル »