« 風邪ひきの休日 | トップページ | 食後の和菓子 »

2015年4月14日 (火)

手作りクレイパック

お肌の曲がり角をとっくに通り越して、化粧ノリが悪いなぁとも思わなくない今日この頃。
かといってこれと言ったスペシャルなケアもしてないような実情なんですけど。
そんな中で気になりだしたのが、天然の粘土、クレイを使ったパック。

クレイは、皮脂や古い角質の吸着力に優れた天然素材。
パックのベース素材として使えば、肌のくすみや毛穴の黒ずみを除去してくれるそうです。
またクレイは、おだやかに作用してどんな肌質にも合うカオリン、
ミネラルが豊富で保湿力と吸着力の高いガスール、
汚れを取って肌をなめらかにするモンモリロナイトなど、種類も豊富。
自分の肌に合ったものを選ぼうとお店を回ってみたのですが、
こんな片田舎の地元では扱いが無いようです。
ナチュラルコスメのお店とか増えた気がするんだけどなぁ。
今後も継続的に検討してみます。

以下、今後もしクレイが手に入った時のために、パックレシピをメモしておきます。

☆美白効果が期待できるローズヒップオイルと保湿力を高めるハチミツをプラスした
 無敵のパックレシピ。

材料(1回分 ※使いきり)
・クレイ・・・30ml
・精製水・・・15~30ml
・ローズヒップオイル(月見草オイル、ホホバオイルでもOK)・・・5ml
・ハチミツ・・・お好みで3mlくらいから
・アロマの精油・・・1滴

作り方
①小さ目のボウルにクレイを入れ、精製水を加えスプーンで練りながら混ぜ合わせる。
②そこにローズヒップオイル、ハチミツを加えて混ぜ合わせる。
③さらに肌質や香りの好みに合わせて選んだ精油を加え、混ぜ合わせたらできあがり。

肌質に合わせた精油は…
*普通肌・・・プチグレンorフランキンセンスorラベンダー
*乾燥肌・・・イランイランorカモミール・ローマンorローズウッド
*アンチエイジングに・・・ネロリorフランキンセンスorローズオットー

クレイパックは、入浴後の毛穴が開いているときが使いどきだそうで、
洗顔後、タオルで水気をふき取ったら、目の周りを避けて顔全体にうすく伸ばすように塗り広げる。
そのまま10分ほどおいて乾かしてぬるま湯でやさしく洗い流せば良いそうです。
いつか実践して、すべすべなお肌を手に入れたいな。

|

« 風邪ひきの休日 | トップページ | 食後の和菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/61435867

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りクレイパック:

« 風邪ひきの休日 | トップページ | 食後の和菓子 »