« すきやき風 | トップページ | 衝撃の食べ物 »

2013年11月 6日 (水)

睡眠との闘い

つい先日も睡眠についてゴタクを並べてましたが、私も常に睡眠不足です。
それも全てピグのせい。←仕事とか、もっとまともな理由じゃないのかい!
ついつい夜更かししてしまうのですが、体内時計をリセットするためにも朝日を浴びる習慣をつけると良いそうです。
普通に出勤だったら朝日を浴びれるから問題ない。問題は休日か。
就寝時はペットやぬいぐるみを抱いて眠るのも良いそうです。
慣れ親しんだ匂いや肌触りが心を穏やかにし、心地よい眠りへ導いてくれるとか。
ペットねぇ…。猫なら飼いたいなと思ってるんだけど、未だ叶わず。
ぬいぐるみというよりも、抱き枕状のものならあります。
この前、整体の先生も言ってたけど、横向きで寝て身体の歪みを作らないためにも、
抱き枕は使えるとか。
実際、抱き枕としては使ってなく、ベッドの脇において添い寝状態!?になってますが、
ないと結構落ち着かないかもしれない。

つまり、心や体の緊張を解きほぐせば、だいぶ楽に寝られるということ。
たとえば、手のひらをお腹に当てるとよく眠れるといわれていますが、
冷えた内臓を温めて血行を促進するとリラックスできるからだそうです。
確かにお腹の上に手をのせて寝たくなるんですけど、私の場合、これをやると100%といっていいほどうなされるのです><
私だけかな??
眠る前に大声で笑うなんていうのも、心を解放するための知恵なんだそうですよ。
私が夜中に本気で大声で笑うと大騒音になってしまいそうですが、
眠る前に楽しい気持ちになって床に就いた方がいい夢みられそうですよね^^

続いて、熟睡環境づくりのコツ。
明かりは真っ暗か、フットライトをつける程度。
天井の豆電球ではなく、低い場所に照明を配置することがポイント。
音は40dB以下、図書館と同じくらいの静けさが理想。
室温は20~25℃、湿度は50~60%。
乾燥するこれからの時期は少し加湿するといいでしょう。
布団の中は33℃前後がちょうどいいので、冬場は湯たんぽなどで温めると良い。

明かりは常に真っ暗です。
どこでも寝られるので、ぶっちゃけ明るくても寝られるんだろうけど、基本は真っ暗。
やっぱりこれからは加湿しないとキツイですね。
今、風邪ひいてるから特にそう思うのですが。
一応、加湿機能つきのヒーターはあるんですけど、もっと手ごろな加湿器も見てみようかな。
湯たんぽはねぇ…幼少時に低温やけどした経験がありまして…。
でも最近の湯たんぽはもっと性能がいいのがあるだろうから、こちらも見てみよう。

風邪の方は…あんまり治りが良くなくて、残業を2日続けて断りました。
欠勤はしないで、普通に仕事するんですけど、喋ってばかりで治るわけがない!
ビタミン摂りたくて、コンビニでアヤシイ飲み物を購入しました。

Dsc_02711


前からあったと思われるトマトの炭酸!
よく見たらジンジャーエールベースとあって、これなら飲めるかも!と購入。
確かにジンジャーエールにほんのりトマト風味が…。
苦手な人は苦手だろうけど、私は意外と飲めました!!
身体がビタミンを欲してるからかな。

明日から幸いにも2連休。
いい加減治さないと。

|

« すきやき風 | トップページ | 衝撃の食べ物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/58522130

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠との闘い:

« すきやき風 | トップページ | 衝撃の食べ物 »