« 舞浜偵察 | トップページ | 活字中毒 »

2013年4月24日 (水)

脱走!

今の派遣先に就業してもうすぐ5か月。
お昼といえば決まって休憩室でおにぎりだったので、たまには外食してみようと思い立ちました。
最近、新人さんが増えて休憩室が混みやすいのと、休憩時は一人の時間を堪能したいのでねcoldsweats01
私もまだまだ新人だとおもってるんだけど(笑)

で、足をのばして行ってみたのがカプリチョーザ
リーズナブルなイタリアンでおなじみですよね。
1366685697186

貝殻パスタ”コンキリエ”春野菜とカラスミ香る魚介のソース

コンキリエとは、貝殻型のパスタのこと。見た目だけでもカワイイ~!
マカロニ感覚でパクパク食べれつつ、中にソースがたまるので、よく絡む!
この魚介のソースが、カラスミのうまみたっぷりで濃厚でおいしかった~happy01
大好きな春野菜がいっぱい入ってたのも嬉しい!

実は移動時間も含めて結構ギリギリで、ランチタイムサービスの食後のドリンクを辞退しそうになったんだけど、店員さんの熱意に押されていただいていくことに(笑)
むしろ急かしてしまって申し訳ない><
しかもものすごい勢いで飲み干してしまいましたsweat01
本当は食後は紅茶かコーヒーを飲みながらもうちょっとゆっくりしたいんだけどねー。
で、職場まで猛ダッシュ!!
時間ピッタリに何とか戻れたものの、食後の余韻などどこへやら…。

でもたまには外出るのいいねsign01
外の空気も吸えて、気分転換にもなるし。できればそのまま帰りたい…
ただ毎回毎回、食後のスリルを味わうのはしんどいので、たま~のリフレッシュでいいかな。

さてさて私は今コールセンターで、奇しくも声を使う仕事に携わっているのですが。
自分の声がきれいな声かどうかはわかりません。
そもそも声の印象なんて聞き手による主観も多く、明確な定義もないですしね。
大事なのは自分の中の良い声を出すこと。
場面によって、高低・強弱・メリハリ・テンポなどの要素を使い分け、声の印象をコントロールするのです。
養成所時代からこれがなかなか出来てなくてね…。というか自分の声のことをよくわかってなかったんだよねcoldsweats02
声質だとか、上手い/ヘタじゃなくて、要は聞き手にどう伝わるかがポイント。
聞き手を意識して伝わるように話すこと=きれいな声なんじゃないかと思うのです。

その点、コールセンターは伝え方の訓練ができるから良いんじゃないかと思って。
職種自体は望んでない仕事です(笑)
私の場合、対面接客が長かったんで、どうしてもそのままのノリで電話応対しちゃってる感があるんですけどね。
なるべく対面接客の時と変わらないような、顔が見えなくても笑顔が伝わるような明るさを心がけてます。
あとはお客様の雰囲気や状況に合わせて、もう少し調節できたらいいかなぁ。
顔が見えないと、相手の状況を悟るのが難しいところ。

あと、声って体調はもちろん、結構精神的なものに左右されやすいんですよね。
身体という楽器から出るもので、呼吸・発声・共鳴など、日常生活の張りがそのまま表れてしまうので、規則正しい生活と心身のリラックスをしておくに越したことはないです。
なんて言って、全然守れてないんだけどsweat02
マッサージにでも行って、体の張りをほぐしに行きたいなぁ。

いろんな人の声を聞いて、その声の与える印象を考えて、良い声だと思った人から盗めるものは盗もう!(笑)
何事もやっぱりまずは模倣から始まるかと思うのです。
ものまねじゃダメだけど、その人の表情とか声の使い方とかを無理のない範囲で真似して、柔軟性の一部として取り入れられたら理想。

本来はもっと別にやりたいことがあって、たとえ望まない仕事だとしても、
得られるものがあったらちょっとはモチベーションが上がるかな、と思って書いてみました。
いつか別のかたちで声が使える仕事に就いてやる!

|

« 舞浜偵察 | トップページ | 活字中毒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/57234880

この記事へのトラックバック一覧です: 脱走!:

« 舞浜偵察 | トップページ | 活字中毒 »