« 結果待ち廃人 | トップページ | 食べ物の記憶 »

2012年9月 1日 (土)

歩いて帰ろう

日付変わって本日「防災の日」ということで、あちこちで防災という言葉を耳にしますが、
思い出されるのはやはり東日本大震災。
当時どうしていたか、このブログにはあまり書いてなかった気がしますが、
今になってやっと冷静に語れるようになったみたいです。

あの日私はケーキ屋で働いていて、幸いにも大きな被害もなく、
何事もなかったように早番であがったのです。
ただ大変だったのはそれからだった…。
呑気にお店を出た私は、何を思ったのか職場から家まで歩くことを決意!
少し歩けば動き始める電車があるだろうと安易な考えで歩き出したものの、
一向に運転再開されない。
それどころか次々と駅が閉鎖されていく始末。
もう何としてでも帰るしかない!って6時間かけて歩きました。
土地勘も全くないから、とりあえず通勤ルートの駅を辿ればいいかと、
あてもなくサバイバル。
当時は稽古場から最寄り駅の次の駅まで歩くことなんてザラで、
何の抵抗もなかったんだけど、
歩き続けるごとに、一駅間の距離が遠くなる。
それでも気力だけで乗り切って帰り着いた時には、
「強く望めばできないことはないんだ!」とまで思ったものでした。
稽古貧乏だった当時の所持金(全財産)は1000円もなかったんじゃないかと思うとゾッとするけど、
意外と勇気あるんだなとも思いました。
末代までの語り草にします。

もう2度とやりたくないけど、今後またそんなことがあった時のために。
原稿用紙を買いに行ったついでに立ち寄った本屋で見つけました。

帰宅困難者のためのお助けマップ。
道路交通マップによく似ていますが、
ところどころに危険箇所とか休憩所とか、ポイントが抑えられています。
これによると実際に3月11日に私が歩いたルートはかなり遠回りなことが判明しました(x_x)
正しいルートは何となく頭に入ったのでもう安心です。
無職な今、出先で震災に遭ったら頼れるところはないので重要!

実はこの本、意外な使い方もあって、
お金がなくて交通費を浮かせたい時、隣りの駅まで歩くのに便利です(笑)
さ、引き続き就活頑張るぞ!

|

« 結果待ち廃人 | トップページ | 食べ物の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178188/55550695

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いて帰ろう:

« 結果待ち廃人 | トップページ | 食べ物の記憶 »