« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

本能

今度のお芝居、人間じゃない役がいっぱいです。
あの行動属性は本能なのかsign02
皆さん、役作りに試行錯誤してます。
そんな中、私は数少ない人間の役。
それでも気になるので調べてみました。

【本能】
一般に行動動機づけの生得性のこと。
古くから心理学や生物学の一大テーマだが、その解釈には議論が多い。

心理学において最初に本能を主要な概念として用いたのはS.フロイト
本能とは、行動の内発的な動機づけとし、異なる二つの本能(はじめは自我本能と性的本能→後に性愛本能と破壊本能)を対置させて行動を理解しようとしたのですが、特定の行動との対応は重視しませんでした。

マクドゥーガルは、すべての行動に目的性(horme)を考え、その遺伝的・生得的な動機づけが本能であるとして、逃走・拒否・好奇・闘争・卑下・自己誇示・哺育・生殖・飢餓・群居・獲得・構成の格本能を列挙しました。

動物行動に本能を適用することは、ダーウィンが源流となっています。
それを重要な概念として理論化しようとしたのはエソロジーです。

ローレンツは本能行動とは内的な興奮過程に依存する中枢神経系の自動的な機能とし、外的刺激にその定位を依存する走性とあわせて生得的行動としました。
本能行動が内的な興奮過程に依存するということは、その活動固有のエネルギーが自発的に産生・蓄積されるということ。
そのエネルギーはふつう鍵刺激によって行動が解発されることで放出されますが、外的対象が欠如した時には真空反応によってそのエネルギーが解消されるとしました。

ティンベルヘンによると、本能とは内的・外的起源をもつ何らかの導火的・解発的・定位的なインパルスに感受性をもち、かつその個体と種の維持に役立つ供応的運動によってそのインパルスに反応するような、階層的に編成された神経機構であるとのこと。

彼らの理論化には、クレイグによる欲求行動(可変的・探索的な行動)と完了行動(遺伝的に固定された行動)の指摘が大きな影響を与えました。
完了行動は、エソロジーでいう固有運動型(fixed action pattern)に当たるものといえます。
なお、反射という定型的行動は、自発性や主観性を欠くという点や行動型が単純である点などにおいて本能行動をは大きく異なるといわれています。

ところで、生得性とは行動が学習によらず発現することをさしていうものですが、実際に行動が非学習性であることを証明することは容易ではないです。
行動の個体発生を規定する要因は遺伝子情報と経験で、行動研究にとってその発達をつかさどるメカニズムの解明はとても重要な問題です!

たとえば、鳥のさえずりの学習刻印づけが遺伝子情報と環境の両作用で成り立つという点で、本能と学習という行動における単純な二分法は正しくありません。
特定の社会的刺激を剥奪して動物を育てる隔離飼育という手続が非学習性を証明するのに有効か?と思いきや、胎内経験や生後の自己身体・重力・明るさなどといった刺激による経験の要素は排除されてなく、何を剥奪した結果、行動にどのような影響がみられたのかに対する解釈には慎重でないといけません。

ハインドは、生得性/獲得性という二分法を避けて環境に対し安定的かつ可変的かによるべきだ!と主張しました。
ローレンツは、本能行動と学習行動はまとまりをもってはいるが本来別々のものであるという「本能・学習からみあい説」をとなえました。

本能は、行動の内因性、目的性、環境とのかかわりの吟味など、行動やその発達における基本的な問題に関わっていて、行動研究にとってとても重要な概念なのです。

当たり前のように使ってる言葉ですが、実はとっても説明しにくい言葉だったんですね。
そりゃ役作りも大変だわ。←言い訳
行動の理由を考えるのも、重要な役作りの一部。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

芝居談義・寄せ集め

昨日、TEAM NACSのシゲが脚本のソロプロジェクト、
「ライトフライト〜帰りたい奴ら〜」を観て来ましたsign01
@池袋サンシャイン劇場

ロビーに入ると、そこは搭乗ゲートがsign03
ここからもうN.A.S.A(NEW ASAHI SKY AIRLINE)の世界なんですね。
チケットを切ってもらい、いざフライトへsign03airplane(笑)
こんなところからこだわりを見せるなんて、嬉しいですね。

客席に着くと、大きなスクリーンを前に、テンション上がるup
若干、TDSのストームライダーに乗るような気分で、思わずシートベルトを締めたくなってしまいました。
そんな中、「アテンションプリ〜ズsign03」と、いかにもフライト前のような前説が…。
前説にまでこだわるなんてさすがですsign01

今回はコメディということで、強烈なキャラと、ぶっ飛んだ設定がいっぱいでしたsign01
もう幕が開いた瞬間から笑える強烈なキャラ。
みんな漫画の世界から飛び出してきたのsign02みたいな。
シゲの大好きな漫画やアニメがふんだんに使われているのが、すぐにわかりました。

実は今私が稽古しているお芝居もコメディで、正直、「何か盗めるものはないかな?」っていう目線で見てたのも事実です。
起承転結のない、根っからのコメディ。
ほんとに難しいんですよね〜sweat01
人を感動させるよりも、笑わせることの方が難しいと思う。
人を笑わせるには、並大抵の演技じゃ足りない。
くだらないことでもどれだけ一生懸命、体を張って表現するか、ここに尽きると思う。

そういういろんな意味で、本当に勉強になった芝居でした。
大胆なキャラ作り、そのキャラをどうやって大きく表現するか、
テンポ、ノリ、タイミング…
どれも参考になりました。

まだ幕が開いたばかりで、これからもっとヒートアップしたお芝居になっていくんじゃないかな?とも感じました。
お金があれば千秋楽とかも観に行きたいですけど、それはできないので、DVDに期待したいです。


いきなりの観劇感想でしたが、いつものように、友人にチケットをとってもらい、行ってきたのです。
友人には思わずアツい芝居トークをしてしまいましたが、さぞかし暑苦しかったことでしょう(笑)
この思いが空回りしないように、自分の表現も磨いていかなきゃなぁと思う。

次の日は私が授業に行くまで時間があったので、友人と共におおたかの森へ。
友人はおおたか初上陸ですsign01
全フロアを目的もなくフラフラし、nana's green teaに行き着きました。
ここ一度入ってみたかったんだよね〜。
デザートに目を引かれつつ、お昼時だったので、ご飯物を注文。
お腹に優しそうなメニューで美味しかった。
何よりお茶が美味しくって、そのお茶と一緒に食べるのがまた最高だったsign03

友人を見送った後、私はアフレコレッスンの授業へkaraoke
今回は洋画編ですslate
去年と同じ題材ですが、役は違いました。
実はこっちの役をやってみたいと思ってたので、ちょっとラッキー。
出来は、「あと一歩。でも悪くはないです」とのこと。
去年よりは生き生きとできたかな。
もうちょっとしっかり予習をして役作りをすればもっと楽しめたのかもしれないけどね。

明日は衣装つきの通し稽古。
急遽、社長がいらっしゃると伺ったので、慌てて衣装のアイロンがけをしに、祖父母宅へ行ってきたのです。
頑張らなくちゃsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

いつの間に…

こんなに書いてない日が続いてたんですねぇ〜。
どうも、お久しぶりです。

いやもうね、自分、余裕ないです。見苦しいほどに。
いつからか休み無く怒涛の日々を送っているのですが。
あれやって、これやって、今度はこっちを考えて…もうてんてこまい。
どこぞで勃発しているトラブルを平定する余裕もないのですよ。
もう、あんまりこじらせないでwobbly

そんな重い気持ちで行くナレーション授業の前に、ポール&ジョーに寄りました。
買ったのはオレンジ色のマニキュア。
春の卒公で私が着た衣装と同じ色で、懐かしくなって買っちゃいました。
二度塗りすると綺麗に発色するそうですsign01
あの頃のように無邪気に演技したいな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »